身近になったカードローン

カードローンを利用した理由は生活費のためです。

家族が入院したりと、生活費が厳しかったので利用しました。カードローンのイメージはギャンブルに負けた人が利用するイメージがあったのですがそのようなことは少なく、現在では生活費の補充のために利用する人が増えているようです。

公務員の方でもカードローンを利用している人もいると聞いたことがあり、公務員だとどういったところで借りることができるのか調べてみるとこういったところがありました。

→→カードローン公務員

スタッフの方に聞いたのですが、長引く経済不況のため定期的に利用している人が増えているようです。利用目的は、私のように生活費や交際費など日常生活のためという人が多いようです。日々の生活を送る上で、また資産形成をしていく上で、手軽に利用できるカードローンの需要はこれから増えてくるそうです。私以外にも生活が苦しい方がたくさんいるんだと安心し、またこのような経済で日本は大丈夫なのかと不安になりました。
カードローンを利用するにあたり、一番気になっていたのが家族や職場にばれるのではないかということです。家族にはお金の事で心配させたくないし、職場にはお金の管理ができない人間だと思われたくありませんでした。利用する人が増えてきたといってもまだまだカードローンには悪いイメージがあります。私の利用したところでは審査の際に会社に電話をかけられたのですが、カードローンの件だとはわからないようにしていただけました。会社名を言わずに、「田中ですが山田さんはいらっしゃいますか。」のような言い方をしていただきました。

また、カードローンを利用する人が増えることにより、会社同士で競争をするので審査も通りやすくなっているようです。

私の場合は急いでいなかったのですが、当日に借りる事ができました。急いでいる人はカードローン会社をいくつかまわるそうですが、信用が無くなるそうなのでやめたほうが良いそうです。

また、今月中に返済すれば利息はつかないそうです。また返済が遅れたとしても、映画のような取り立ては禁止されているようなので、もしそのようなことがあれば堂々と相談して良いそうです。

カードローンを銀行ではなくて、消費者金融で利用する場合は、自分に合いそうな消費者金融を見つけたら、ちゃんとその口コミも調べておくべきです。思った通りの金利でも、その点だけが良くて、他は最低などとなったら申し込む意味がありません。
近年は審査を通過するまでがあっという間に行えるようになりましたので、誰でも知っている銀行系の消費者金融会社でも、即日融資を行うことができる場合がおおいですし、小さ目のローン会社でもあまり変わりません。
いくつかある消費者金融系列の業者の比較サイトに掲載されている、返済に関する簡単なシミュレーションをテストしてみることも必須だと思います。何回で完済するかとか、月々返せる額などから、最適な返済計画を表示してくれます。
現実に利用した人々からの意見は、値打ちがあり大切にすべきものです。消費者金融系の金融業者を利用することを考えているなら、最初に色々な口コミを読むことを提案したいと思います。
とりわけ、消費者金融のローン審査に、幾度となく落ちているというのに、引き続き別の金融業者にローン申請をしたという事実があると、次に申し込んだ審査に受かり難くなるだろうと思われるので、慎重にならなければいけません。

大手の銀行とCMなどで有名な消費者金融でも借り入れの仕方や金利等、いろいろと違ってくるのできちんと調べてから利用することをオススメしますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>